看護師 転職

看護師が転職する際の悩みや葛藤

看護師の転職の面接のコツ

 看護師の求人はほかの職種と比べて多い傾向にあるので、転職するさいの職場選びにはさほど困りません。しかし求人の数が多い分、慎重に見極める必要があります。また、面接の対策も必要となってきます。今回は転職の面接の内容についてご紹介します。 

 よく聞かれる質問として挙げられるのは、「自分が理想とする看護師像」です。面接の前に「自分はどのような看護師になりたいか」という考えはきちんと固めておきましょう。また、以前の職場で働いていた時に常に意識していたことと、それを表すエピソードを具体的に伝えると、好印象です。単純に考えているだけではなく、実践していることをアピールしましょう。 

 また、転職の特有の質問として、以前の職場に関する質問は必ずされます。たとえば「以前の職場ではどんなことをしていたのか」という業務の経験を聞く質問や、「患者様とのエピソードはあるか」という患者様との付き合い方にまつわる質問などがあげられます。自分の仕事の内容と、患者様との付き合い方を振り返り、どんなことを学んだのか把握し、アピールしましょう。

看護師の転職の多くの理由とは

 看護師という非常に社会的な意義の高い職業についている方が、転職を行う際の大きな理由には、ご自身の結婚などの生活環境に対する変化というものや、実際に勤務している先における人間関係などの様々な要因が存在しており、看護師という職業は、非常に激務でもあり働きやすい環境というものが求められることが多く存在しております。

 転職を志している人の多くは、非常に高い志というものを持ちながらにして新しい職場環境というものを求められていることが多くなりますので、転職というものに対する意識が非常に高くありますので、より良い働きやすい職場環境というものを求めていることが多くなりますので、職場を変える理由というものが比較的はっきりとしておりますので、雇用を行っている企業側はきちんとした条件提示というものを行うということが大切になり、より長く働くことができるような環境というものを提供することが求められており、転職先を見つける際の大きな要因となっております。

看護師が異業種に転職するコツ

 看護師が異業種に転職するコツは、いかにして求人情報を手に入れるかということと、どのような職場が選択肢に入るのかを知ることなどがあげられます。具体的な職場について知ることで自分にあっている職場を選択しやすくなりますし、転職をするためには求人が必要です。看護師が病院以外の異業種で選ぶことができる職場としては、乳児院や保育所、ヘビーシッター、介護施設、リハビリセンター、医務室勤務、検査センターなどがあげられます。一般企業で働く方法もありますし、様々な職場や雇用の形態、待遇の職場が考えられます。

 ただし、異業種の場合、経験のある人材を求められることも多く、経験の浅い方には向かない場合もあります。逆にいえば、経験のある方の転職には向いている職場が見つけやすいということになります。異業種に転職するときには職場により内容が異なりますので、事前に職場の詳しい内容を手に入れることが寄り重要になります。看護師求人サイトなどのサポートを活用して、自分に向いた異業種の職場を上手に見つけるとよいです。